ランニング美容【身体を作る栄養】【美肌効果】【紫外線に負けない栄養】

美しくなるために、美しく走るために。楽しんでランニング!

ランニングをすると血行がよくなります。
不要なものを捨て、新しい細胞をつくる身体の新陳代謝は、血流によって左右されます。
酸素を吸って、新鮮な酸素が体中を巡れば、栄養素も隅々に届きます。
走ることのもう一つ重要な「キレイポイント」はストレスを発散できること。
イヤなことがあっても引きずらずに、気持ちを切り替えることができるようになります。

ストレスは体にとって一番のこまりもの。
「くら~い表情になってしまう」など目に見える部分だけじゃなくて、内臓などの負担も大きいのです。

  • 血流をよくして、いつも新鮮な栄養素と酸素を隅々にはこぶ
  • ストレスを解消して新しい気持ちで過ごす

こんなことができるのもランニング美容のいいところ。

 

有酸素運動で脂肪燃焼する。ランニングはそれだけじゃない!

身体の美容はもちろん、こころの美容にも効果てきめんなランニング美容を考えてみましょう。
血行を良くすることで身体中に新鮮な酸素が行き渡り、老廃物を回収し、細胞が活性化します。ターンオーバーも正常化して「美肌」を手に入れることができるかも!!

 

30代ファンランナー「カケルコちゃん」のランニング美容日記はこちら
↓↓↓↓↓

runrun

ランニング美容:みなさんは、なぜ、走るのですか?

  • 健康維持
  • ダイエット
  • ストレス発散
  • 走った後の爽快感

楽しみは、さまざまです。

「走る」という行為はとても動物的、野生的だけれど、「美しく走る」ということには人類の機知がちりばめられています。

 

ランニング美容:美しく走るために必要な栄養素はなんだろう
日焼けをしないためにはどうしたらいいんだろう

このサイト「ランニング美容のポイント」では

  • 美しく走るための身体を作る栄養素
  • 紫外線にまけないために必要なこと

この2本についての情報をお伝えしようと思います。

4e554f435e0cf3ca16fa9d69c7ef24a5_s

 

 

110792-[更新済み]

ランニング美容に必要な栄養素
【簡単解説】

 

ランニングビギナーのための「知っておきたい必要な栄養素」について

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_m

ランニング美容:体作りやエネルギー補給、代謝を助ける栄養素を摂っておきたい

ランニングを続けるにはエネルギーが必要。そのエネルギー源となる糖質や脂肪をきちんととることが重要です。糖質や脂肪は「ダイエットのためにランニングを始める人」にとっては避けたいところでしょうけれど、動くためのエネルギーは必要です。
お米やパンなどの炭水化物を含んだ主食は抜かないようにしましょう。

ランニングに限らず日常の運動のためにはエネルギーが必要です。炭水化物は運動を開始するとすぐにエネルギーに変わります。

 

「糖質」はろうそくの芯に例えられます。

芯が燃え、周りのロウをとかしてゆく。ロウは「脂質」あぶらですね。糖質が燃え続けなければ脂質を燃やし、溶かすことはできません。

脂質が燃え始めるのは運動を始めて20分以上たってから。つまり20分以内の運動なら、例え激しい100メートルダッシュを繰り返しても脂質は燃えない=やせないとうことです。

sports-731506_640

 

そのほかランニング美容に重要なのは「微量栄養素」といわれるビタミン・ミネラル。

エネルギーの元は糖質・脂質ですが、エネルギーを作り出したり体の機能を整える栄養素がビタミンやミネラルです。
ビタミンはたんぱく質・糖質・脂質などの分解や合成を助ける大切な栄養素。それほど多くの量は必要としないにもかかわらず現代人には足りていない栄養素です。
特にエネルギーを生み出すビタミンBはランニングをする人には不可欠です。
ランニングすることにより負荷のかかるアキレス腱やじん帯を強くするコラーゲンやたんぱく質の生成には、ビタミンCが必要になってきます。

さらにカルシウムや鉄などのミネラルも大切な役割があります。骨を構成するカルシウムは有名ですがスポーツ貧血を引き起こすヘモグロビン不足にならないように鉄分もしっかり補給するべきです。

1563be724bdfa131c9677efbf526a607_s

 

ランニング美容にはBCAA

BCAA配合!という触れ込みのスポーツドリンクが流行ってきています。BCAAってなんのこと?っと思ってる方もいるかもしれません。

体に必要なアミノ酸という栄養素。たんぱく質の大本です。私たちの体は「アミノ酸が組み合わさったたんぱく質」でできています。

アミノ酸には体の中で合成できないので、食べ物から摂らなければならない「必須アミノ酸」というものがあります。そのなかの

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

の総称をBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。

なぜこの3つだけが特別扱いされているのでしょうか?
それは筋肉を構成している必須アミノ酸の約35~40%がBCAAで、ランニング時に筋肉でエネルギー源になるからです。運動前、運動中にとりたいアミノ酸です。

jogger-426670_640

 

アミノ酸?たんぱく質?体の材料?

ここまでのお話を?マークがアタマに浮かばすに読まれた方は、すごく勉強されてる方だと思います。

  • 良質なたんぱく質を摂りましょう
  • スポーツにはアミノ酸配合飲料を

こんな風に、たんぱく質もアミノ酸もとてもよく聞くことばですよね?でも本当に理解するのは難しいかも。

ビタミンは野菜に、たんぱく質は肉や魚に入ってる。なんとなくそう思っている方が多いと思いますが、自然にとれたものにはバランスの比重は違いますがたんぱく質やビタミンは入っています。

たとえば豚肉を食べたからといって、私たちに「豚の肉」がつかないのはどうしてでしょう。
それは豚肉が体の中でこんな旅をするからです。

  1. 豚肉は口で租借されて小さくなる
  2. 豚肉は胃で消化、吸収される
  3. 吸収された「たんぱく質」が一度アミノ酸という、小さな部品に分解される
  4. 私たちの筋肉や内臓にあった組み合わせで新たに「人間用たんぱく質」として合成される
  5. 豚肉に含まれるビタミンはたんぱく質の合成のために使用される
  6. 豚肉の脂質は体を動かすエネルギーになる

こうやって考えると、自然な食べ物に含まれる栄養素はどれも役割があり、理にかなってることがわかります。

ただし、肉類の摂りすぎは脂質が過多になるので注意しましょう。

 

ランニング美容:サプリで栄養補給する場合に気をつけたいこと。

サプリメントにかかれてる栄養素は、食品から抽出したものばかりではありません。科学的に合成されたものが多いのが普通です。ビタミンC配合と書かれたものは酸化防止剤として添加された合成ビタミンCの場合がほとんどです。

サプリには単一(複数だとしてもビタミンだけ、など)の栄養素えお摂り過ぎてしまう可能性があります。簡単に摂取できるからこそ過剰摂取の危険があります。

ランニング美容にはサプリはあくまでも「補助」のためにつかいましょう。

pharmacy-218692_640

 

ランニング美容:天然の果物にBCAA他必須アミノ酸すべてを含んだものがある。

サプリメントは工場で人工的に抽出したものだから、なんとなくいやだなあと思いながらも「アミノ酸 天然」とかで検索してると

必須アミノ酸すべてを含んだ果実「サジー」というものがあるらしいです。
美容に、健康にいいと評判のようです。

DSC02373

>>>サジーについての情報はこちら

サジーは必須アミノ酸全種類だけじゃなく、スポーツ貧血を予防する鉄分や、美容にうれしい各種ビタミンなどを豊富に含んでいる果物で、日本ではジュースやサプリで手に入るようです。

>>>サジー商品比較サイトはこちら

 

ランニング美容の楽しさは「成長する自分」にであえること

大人になると、なかなか「新しくできるようになること」って見つかりません。
仕事でも生活でも「成長を実感する」ときってなかなかありません。

でも、ランニングは「走り始めた自分」と「走ってないころの自分」を比較することができます。
走り始めたときは20分でギブアップしていた自分が、3ヶ月たったころには、いつのまにか公園を3周もはしれるようになっている・・・。そんなことが実際におきるのです。

もちろん、きのうより今日、とまでは行かないかもしれませんが、なんとなくでも毎日少しずつでも入ってみてください。
きっと「あ、なんだか気持ちがいい!」って思えるようになるし、成長を感じられます。
そうすると、ランニングだけではなくて、ほかの様々なことにも自信が出てくるし、前向きに物事を考えられるようになります。

shoes-267760_640

走ることによって血行がよくなり、代謝がよくなり、おいしく食事ができるようになり、ぐっすり眠れるようになり、ランニング友達もできる。ランニング美容って、かなり、イイ!

「ランニング美容のポイント」では、これから走ろうかな?と思ってる人にも役立つような、いろんな情報をお伝えしていきたいなと思っています。

 

runrun

 

110792-[更新済み]

ランニング美容のポイント
【メイクのあれこれ】

 

走るときのメイクはそのときの状況に応じて

1:ご近所ランはサングラスと帽子で「すっぴん」をうまく隠して

ランニング美容。走るのは楽しいけど、メイクしたままはちょっと・・・。とはいえご近所を走るときは知ってる人に会いそうで。
そんなときには芸能人みたく帽子とサングラスで変身!

サングラスは紫外線対策にもばっちりだし、すっぴんも隠せる。一石二鳥です。

さらに女性にとって(私にとって?)必須な眉メイク。眉のほとんどない私は眉なしでは人に会えません。そんなときには帽子を深くかぶります。ちょっとぐらい不審者に見えても大丈夫。
帽子はもちろん日よけにもなりますが、頭の汗が顔に流れてくるのを防ぎます。

すっぴんで走れば、外で顔を洗ったりもできるし、爽快です。
ただ、日差しは弱くても紫外線は強いなんてこともあります。太陽が出てる時間帯に走る場合は日焼け止めを塗るようにしましょう。

家に帰ったらきちんと洗顔、きちんとメイクオフで日焼け止めを流して、化粧水・乳液でしっかりと保湿すれば大丈夫です。

person-946006_640

 

2:イベントランはやっぱり気持ちのあがるなんちゃってメイクを

ランニング美容友達と走るとき、もしくはランニングイベントに参加するときはさすがにすっぴんではつらい。
とはいえバッチリメイクじゃ浮いてしまう。
こんなときはささっとランニングメイクがおすすめ。

下地は色つきの日焼け止め乳液やBBクリームで、ファンデーションなしでいけるようにしましょう。
眉毛やマスカラはウォータープルーフが必須。
チークはいらないとおもいます。走り始めると血行がよくなり、顔が上気するから自然にぽっと明るくなります。
目元のシャドウやアイラインは、流れてきて目に入ると痛いのでなしにしましょう。

唇はUVかっとカットのリップクリームを塗っておきましょう。冬は乾燥から守ってくれます。走ってる途中で塗りなおしも。

ランニングの後はしっかりメイクオフをしましょう。
美容に地番大切なものはランニングの後のアフターケアといえます。

043