ランニング美容【ダイエット目的は一生懸命だと失敗する】

ランニング美容:脂肪を燃焼させるにはがんばってはダメ

健康のため、体力アップのために走る人よりも、ダイエット目的でランニングを始める方のほうが多いんじゃないかと思います。

ところが多くのランナーたちが、実にダイエットに不向きな走り方をしてるのです。

ダイエット目的でのランニングは脂肪を燃焼させること。
ところが人の体は必死になって走ってしまうと脂肪よりも先にグリコーゲンをエネルギー源として使い始めてしまうのです。これではもったいない・・・。

さらに、息も絶え絶えになって走ることによって「酸素不足」になります。
体の中で酸素が燃える状態をつくりだすために、必要な走り方があります。

belly-2354_640

 

ランニング美容:ダイエットの重要キーワードは「最大酸素摂取量」

最大酸素摂取量とは1分間に体に取り込むことのできる酸素量のことです。
これはイコールその人の体力レベルです。
そして、この最大酸素摂取量の50%程度のペースで走る状態が効率的に脂肪燃焼が進むといわれています。

でも最大酸素摂取量の50%といわれても、なにがなんだか。

正確に測定するには心拍数を計る必要があるのですが、何の機械も使わず体感で最大酸素摂取量の50%を知る方法があります。

口を閉じて走り、鼻だけで呼吸ができるぎりぎりの状態。「ふんふん」と鼻息だけで走れるペースが最大酸素摂取量の50%の運動量です。

つまり走っていて「はあはあ」と口が開いた呼吸をし始めたらそれは頑張りすぎで、体の中では脂肪燃焼ではなくグリコーゲンがエネルギー源となってる状態で、ダイエットには向かないばかりか乳酸がたまり、疲れを感じる走り方です。

6277efe5ba5549f4c7e0dc28b79556b2_s

 

ランニング美容:ダイエットは短距離走とは違う

短距離走などに必要な瞬発力の筋力は、がんばって走れば鍛えられますが、乳酸がたまり筋肉が疲れを感じ、長い距離を走り続けることができません。
長い距離を時間をかけてはしれないと、脂肪燃焼はスムーズにすすみません。

 

 

ダイエット効果を狙うときの走り方は・・・

鼻でふんふんと呼吸できるくらいの運動で、うっすらと汗がたれてくるくらいのペースを維持しよう
この走り方だと30分程度のランニングでもじゅうぶんな脂肪燃焼効果を得ることができます。