ランナーが気をつけたい初夏の紫外線【日焼け対策】

走りたくなる5がつ初夏は紫外線が一番多い

小麦色に焼けた肌も魅力的だけれど、やっぱりシミやシワになるのはこわい。女性ランナーを悩ませる紫外線対策。

紫外線が一番強いのは6月ですが、量が一番多いのは5月なのです。気候もよくなって気持ちよく走れるからこそ紫外線対策をしっかりしましょう。

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s

昼間のランニングは危険がいっぱい

トレーニングの時間帯と日除けを頭に入れないと大変なことに。
夏じゃなくても紫外線の強い5月以降は、昼間の練習を避け早朝や夕方に間知るようにしましょう。

日焼けの努力も大切。帽子やタオルなどでの予防はもちろん、走る前には日焼け止めを塗りましょう。すこし長い時間を走るときは、顔だけじゃなくうなじにも日焼け止めを。案外無防備で紫外線の毒を集めてしまいます。

後頭部はケアがおろそかになりがち。太陽はどの方角からも紫外線を届けます。

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s

曇っていても安心しないで。紫外線はそそがれてます

曇りの日は安心しがち。でも紫外線は雲をくぐりぬけて私たちを直撃します。紫外線から肌を守るためにファンデーションは必ずつけるようにしましょう。
せっかく気持ちよく走るのだから、美しくいたいですね。

日焼けは簡単にいうと、やけどです

紫外線を浴び続けると体温の上昇します。
体温上昇は疲労を呼び、筋肉の疲れもまします。良いタイムで走れないどころか熱射病の危険もあります。健康のために走ることが、健康を損ねることになってはもともこもありません。
紫外線対策は確実に。

c9839d380e6b6da7c03f5b3d80031dec_s

美しく走るためのお約束です。


【まとめ】

  1. 5月の紫外線をあまくみない
  2. 紫外線対策は後頭部も忘れない
  3. 曇っていても紫外線対策を忘れない